MENU

製品情報

プラスチック等製造関係 /熱硬化性樹脂成形

熱硬化性樹脂

熱硬化性樹脂とは合成樹脂(プラスチック)を大別したときの名称の一つで、加熱すると重合を起こして高分子の網目構造を形成し、硬化して元に戻らなくなる樹脂のことです。 現在一般的に利用されている熱可塑性樹脂による製品と比べて機械強度的、熱耐性、電気絶縁性、耐溶剤性に優れています。 そのためアルミニウムなどの軽合金の代替品として工業用材や構造用材で使われ、特にフェノールやFRP(繊維強化プラスチック)の一種であるBMC(バルクモールディングコンパウンド)などの製品が、耐熱性・規格的強度特性・寸法安定性やコストパフォーマンスの高さから注目されています。

熱硬化性樹脂の成形方法

熱硬化性樹脂製品の製造方法に直圧成形と射出成形の2つの方法を用いています。 成形方法には長所と短所があり、ご希望の品質、精度、コスト、納期などから最適な成形方法で製造しています。

直圧成形

加熱した金型に成形材料を入れて金型を閉じてプレス加圧し硬化させます。 成形材料は加熱された流動状態となり、同時に加圧され型の隅々までいきわたり、その後、化学反応により硬化したものを適切な時間が経ってから金型を開き成型品を取り出すという製法です。 製品の品質面からは熱硬化性樹脂にとって重要な成形方法となっています。 圧縮成形を他の成形方法と比べてみると使用する成形材料の種類に制約がなく、緊密な成型品ができ、充填剤の配向性による影響が少ない、などの利点があり、重電機製品のような大型で高強度と耐熱性を要する製品をはじめ、幅広く使用されています。

熱硬化性樹脂成形例

商品のお見積りや
お問い合わせ等、
お気軽にご相談ください

TEL06-6965-0600

FAX06-6965-0603

メールフォームは
こちら

トップページ