MENU

製品情報

プラスチック等製造関係 /切削加工・各種試作

切削加工品

切削加工では、樹脂や金属の素材を様々な刃物を用いて削り取り、要求の形状や寸法にする加工を致します。 加工機としては、縦型横型マシニングセンタ及び旋盤が主な加工機になります。 高精度の物を作成する事が可能であり、様々な形状に加工する事が可能となります。 2D及び3DCADデータから加工データを作成し工作機にて自動加工します。

真空注型

真空注形は、金型の代わりにシリコンやウレタンゴムを型として使用し、真空状態でその型の中に樹脂を流し込み、複製を製作する加工方法です。 図面からも製作可能ですが、データや図面がなくてもマスターとなる製品が有れば同等品を製作する事が出来ます。 色付きの材料にて製作し、後加工での塗装が必要なく製作する事が出来ます。 透明加工・ゴム・ABS相当・簡易インサート製品も可能。 加工法としてインジェクション成形とは異なり樹脂に圧力をかけて型内に充填させるのではなく真空状態の中に樹脂を流し込む事により型内に樹脂が充填し気泡が入りにくくする事が出来ます。 またシリコンゴム型の為、金型製作に比べ安価且つ短納期に製作する事が出来ます。

光造形

紫外線硬化樹脂(紫外線にて硬化する液体) を光造形機器の紫外線レーザーを照射して硬化させ、積層することで3Dデータ通りの精密な立体物を、短納期で製作する加工方法です。 図面からではなくPCで作成した3Dデータを造形用データ(STLデータ)に変換し使用します。 光造形は他の加工方法と比べ紫外線硬化樹脂を積層していく為、一体加工及び短時間にて製作する事が最大のメリットです。 結果として、低コストにて製作する事が出来ます。

3Dプリンタ

ABSライクから素材も技術進歩に伴い広がりつつあります。プリンターの機器導入前や試作具合の確認など外観モデルの主流となる加工方法を試すことが可能です。

商品のお見積りや
お問い合わせ等、
お気軽にご相談ください

TEL06-6965-0600

FAX06-6965-0603

メールフォームは
こちら

トップページ